忍者ブログ
縄文を追う旅をつづけています。 日々の生活の中で出会う縄文…をアップしていきます。 縄文Tちゃんとの暮らしを綴ります。 最近は「原発やめようよ!」と思ってます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青森に住んでいたころ、あるちというお店でさいとう天心さんという木工作家と出会った。大きな1枚板が目にとびこんできて…、(それはのちに『縄文の食卓』をやるときに、メインデッシュをもりつける皿になった)、木と対話しながら、自由奔放に作品をつくりあげていく、ほわんとした人で、はじめてなのにおしゃべりしていて楽しかった。縄文の漆の器をつくってもらおうと、ざっくりした風合いで3つ、器をつくってもらった。縄文人よりもざっくりおおらかな作品だった。2回目に個展でお会いしたときに私のハートをつかんだのは大きな2つの丸皿で、先の作品と合わせて、青森のN村さんのお宅に預けてある。1年半で私は茨城に戻ってしまい、天心さんへ引っ越しの連絡もしなかったので、最近の活動はもっぱら東奥日報でながめていたのだけど。昨日、やっと新聞を整理する時間ができて飛び込んできた記事は「さいとう天心さん最後の個展」。え、なんで?「今年4月17日急逝したさいとう天心さんの最後の個展が弘前でひらかれる…」…そんな。弘前には行けないけれど、天心さん、またどこかで会えるといいな…。
http://artimedia.blog.shinobi.jp/Category/15/undefined(さいとう天心さんのブログ)
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
『From 天心』
先月24日から6日間にわたって開かれた最後の個展。
私は27日に一日、息子さんの工(たく)君に付き合って会場に居ましたが、今更ながら、天心さんがこんなにも多くの人達に愛されていたのかと、思い知らされた一日でした。
一日中、人の足が途切れないのです。
足が悪いのに、一生懸命階段を上ってきてくれたお年寄り。家族で来場してくださった方々。工君を見つけては、生前の天心さんとの思い出話をする方。
皆さん、天心さんの作品ひとつひとつの前で足をとめ、心の中に刻み込んでいるようでした。
亡くなったと知った時は、なぜ、どうしてなんだと、ツラい気持ちだけでしたが、今は、こんなにも多くの人達に愛されて旅立った天心さん…幸せ者なんだと思っています。
天心さんのファンより 2007/06/14(Thu)09:28:18 REWRITE
ありがとうございます
天心さんのファンさん、コメントどうもありがとうございます。遠くからですが、私も天心さんのファンとして…、ほわんとあったかい天心さんとその作品をずっと大切にしていきたいと思います。
さかいひろこ 2007/06/14(Thu)20:14:04 REWRITE
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー :
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア :
最新CM :
[03/10 久永]
[03/25 はせきょう]
[05/28 さかいひろこ]
[05/27 フェニックス]
[05/26 takako]
[05/22 さかいひろこ]
[05/21 みかりん]
プロフィール :
HN:
さかいひろこ
性別:
女性
職業:
絵師
趣味:
遺跡歩き
自己紹介:
縄文をこよなく愛するイラストレーター・まんが家。
最近は土偶づくりや縄文4コマまんがなどの縄文ワークショップを各地で開催しています。火おこしや土器での料理とか、縄文の技術をたかめていきたいなあ!と思う今日このごろ。
バーコード :
ブログ内検索 :
カウンター :
忍者ブログ [PR]
"さかいひろこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.