忍者ブログ
縄文を追う旅をつづけています。 日々の生活の中で出会う縄文…をアップしていきます。 縄文Tちゃんとの暮らしを綴ります。 最近は「原発やめようよ!」と思ってます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そうして、入って行ったのは
「暗闇の公園」。

ぷぅんと、草のにおい。
鳥の声と、水の音。
「入口は門があります」
だれかが、
「トトロみたい〜」という。
門、はかがんで入る 枝みたいなもので
作られたアーチだった。

ブランコにのったり、
水にさわったり、
丸太の橋をわたったり。

ひとつひとつがドキドキ体験。
声の聞こえる方へ、
白杖を手に集る。
なんとか、そっちへ行っているようだ。

「では、おじいちゃんちに寄りたいと
思います」
おじいちゃんち?

左側、「手でさわってみて下さい」
縁側?
縁側に座って、手を後にのばすと
畳がある。
靴を脱いで(登山靴をはいていたのであせった)、
座敷にあがる。
丸ちゃぶ台。
ザルの上にじゃがいも、さつまいも、レモン、
その脇にリンゴ。
みょうが、もあるらしい?
その後には棚?たんす?(引き出しがある)が
あって、その上にダイヤル式の電話があった。

それから靴をはいて、
9人で手をつないで円をつくる。
そして鈴のついたボールでキャッチボール(転がして)。
へえっ、ちゃんと受け止められるし、
相手の手のなるほうへころがせられる…!

橋をわたって、その先に
桶に玄米が入っていて、桝1杯づつビニル袋に入れて
持ち帰りになった。

「さあ、今まで 嗅覚、触覚、聴覚…と
体験してきましたが…。
あとひとつ、まだ体験していないものが
あります。」
「味!」
そうです、ユニバーサルミュージアム研究会メンバーとしては
味がぬけてはならない、っす。

「さあ、ドアを開けて入って行きましょう。
こんにちはと、あいさつしてくださいね。」
喫茶店?に寄ってメニューを注文する。

「コーヒー、紅茶、リンゴジュース、甘酒、
ジンジャーエール。
アルコールは ビール、ワイン、
きき酒もあります。そして…おやつは200円です。」
「きき酒したいけど…、あとが不安」
「大丈夫です、ぼくが責任をもって送って行きます」と
コガっち。
そうしてわたしは昼間っからアルコールにひたりました。

プログラムが20分おきだったので
短いのかな?と思っていたらさにあらず。

説明の時間も入れて、75分くらい。
暗闇体験はたっぷり1時間の
スペシャルメニューでした。

これで、5000円です。

季節ごとに内容はかわるとのこと。
ちなみにこの回のリピーターは3名もいらっしゃいました。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
カレンダー :
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア :
最新CM :
[03/10 久永]
[03/25 はせきょう]
[05/28 さかいひろこ]
[05/27 フェニックス]
[05/26 takako]
[05/22 さかいひろこ]
[05/21 みかりん]
プロフィール :
HN:
さかいひろこ
性別:
女性
職業:
絵師
趣味:
遺跡歩き
自己紹介:
縄文をこよなく愛するイラストレーター・まんが家。
最近は土偶づくりや縄文4コマまんがなどの縄文ワークショップを各地で開催しています。火おこしや土器での料理とか、縄文の技術をたかめていきたいなあ!と思う今日このごろ。
バーコード :
ブログ内検索 :
カウンター :
忍者ブログ [PR]
"さかいひろこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.