忍者ブログ
縄文を追う旅をつづけています。 日々の生活の中で出会う縄文…をアップしていきます。 縄文Tちゃんとの暮らしを綴ります。 最近は「原発やめようよ!」と思ってます。
ちょっと外出



一週間真面目に机に向かっていたら
ちょっとスランプ気味になってきたので
日曜日にTちゃんと 
『常陸国風土記フィールドノート〜久慈郡』の取材として
日立市北部の鵜の岬へ。

今回の常陸国風土記は、S田先生に捧げるべく
久慈郡をテーマにすることにした。

…で、Tちゃんが先行していろいろ取材して回っている。
長良川の鵜飼など各地の鵜飼行事に
提供されている、常陸国の鵜。

どうやら大正時代から…ということらしい。

3月31日まで
鵜の捕獲する場所が公開されているということなので
Tちゃんは二度訪れているのだが
どちらもお休みで 今回は三度目の正直。
高浜を出るときに、問合せ先としてのっていた
H市市役所に電話をかけると、
ちゃんと休日当番が電話に出たのだが、
今日はやっているか訪ねると
「担当の観光振興課の係のものが休みなので
わかりません」。
う〜ん、役所やのう。

で、近くの土産物屋さんに電話して
やっているらしいという情報を仕入れ
さっそく出かける。

なにしろ、高浜からだと
高速を使って1時間半かかる。
これで閉まっていたら…なさけない。

ウミウ捕獲場(日立市HP)

開いていました!
でも、捕獲者から直接話を聞くことは
できませんでした。
(入口でリーフレットをわたしてくれる男性がいたのですが、
その方かどうかは?)。

鵜の捕獲場がある場所は
全国屈指の人気をほこる国民宿舎『鵜の岬
があるところです。

さて、電話の問い合わせを受けて頂いた
鵜の岬入口にある物産センター「鵜喜鵜喜」。
写真は、そこで購入したお昼のお寿司パック398円。
安いし、美味しい!一品でした。
「鵜喜鵜喜」ではコロッケとメンチも買ったのですが
(入口で揚げている)こちらも美味しかった!です。

お腹を充たしてから、
カンブリ穴や小貝浜等近辺を取材してきました。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
カレンダー :
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア :
最新CM :
[03/10 久永]
[03/25 はせきょう]
[05/28 さかいひろこ]
[05/27 フェニックス]
[05/26 takako]
[05/22 さかいひろこ]
[05/21 みかりん]
プロフィール :
HN:
さかいひろこ
性別:
女性
職業:
絵師
趣味:
遺跡歩き
自己紹介:
縄文をこよなく愛するイラストレーター・まんが家。
最近は土偶づくりや縄文4コマまんがなどの縄文ワークショップを各地で開催しています。火おこしや土器での料理とか、縄文の技術をたかめていきたいなあ!と思う今日このごろ。
バーコード :
ブログ内検索 :
カウンター :
忍者ブログ [PR]
"さかいひろこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.