忍者ブログ
縄文を追う旅をつづけています。 日々の生活の中で出会う縄文…をアップしていきます。 縄文Tちゃんとの暮らしを綴ります。 最近は「原発やめようよ!」と思ってます。


ゴールデンウィークの取材の最終日、5月8日は交通科学博物館へ。弁天町駅に隣接されたこの博物館には、なんとワットの蒸気機関の模型がデーンとあった。
http://www.mtm.or.jp/undefined

モースの乗った機関車のイメージはつかめたけれど、客車はどんなのだろう?これは、10年前調べはじめて一度挫折している。東京の交通博物館で時間切れになってしまったのだった。今こちらはさいたま市に移転中で、今年の10月の鉄道記念日にオープンするらしい。…というわけで、調べるならここ、大阪の交通科学博物館ということになる。

開館20分ほど前に到着。一番乗りなら、ゆっくり調べられるだろうとはりきって待っていたら、ナント奈良から小学校2年生のちびっ子たちがぎょうさん遠足に来た!ひええ。あせりながら、インフォメーションで「明治時代の客車の資料を調べたいんですが、資料室は閲覧できますか?」と尋ねると、「予約制になっております」。えええ??「茨城の、水戸から来たんですが…」とごり押しすると、学芸員さんに問い合わせてくれた。そして事情を話すと、さすが、ドンピシャ!の資料がのっている客車の資料を2冊、見せてくれた。

交通科学博物館は大阪にあるのだが、新橋の資料もけっこうある。先日の発掘調査でみつかったホームの石積みなども東京都から寄贈されて並んでいた。うーん、この上にモースも立ったのだろうか。


映像でみる横浜〜新橋のコース。地形がちょっと今のイメージと違う。


展示の中にあった客車の模型。まだ私にはモースがのった車両のイメージは確定していない。


新橋ステンショの模型もあった。これは…以前みたことがあると思うが、久しぶりに見て、あ、そうか、こうなっているんだと納得。

明治の鉄道を調べながらちょっと感じているのは、数年前に中国興隆溝遺跡の調査に参加したときの赤峰の駅の雰囲気が、もしかするとちょっと近いのではないか?と思ったりしている。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
無題
なんだぁ 8日に弁天町に来てたんだぁ~
すぐ近くに居ましたよぉ 「交通博物館」大好きやもん・・
京都の 梅小路蒸気機関車館もとても楽しいよぉ モースさんが乗ったかどうだかは わかんないけど(^_^;

しかし 自分の好きな人が 昔 目の前の何かを 見たか?触れたか?乗ったか?
なんて考えるだけで ワクワクするね(^_-)-☆
てつ 2007/05/10(Thu)21:50:50 REWRITE
あらあらニアミスでした?
交通科学博物館の近くにいてたんですか〜。
11時30分までいて、そのあと高槻市歴史民俗資料館の三宅さんのところにいって、綿の種まきを見てから水戸に戻りました。今回の関西ツアーはハードスケジュールでした。でもとっても面白かったです。
さかいひろこ 2007/05/11(Fri)13:29:07 REWRITE
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー :
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア :
最新CM :
[03/10 久永]
[03/25 はせきょう]
[05/28 さかいひろこ]
[05/27 フェニックス]
[05/26 takako]
[05/22 さかいひろこ]
[05/21 みかりん]
プロフィール :
HN:
さかいひろこ
性別:
女性
職業:
絵師
趣味:
遺跡歩き
自己紹介:
縄文をこよなく愛するイラストレーター・まんが家。
最近は土偶づくりや縄文4コマまんがなどの縄文ワークショップを各地で開催しています。火おこしや土器での料理とか、縄文の技術をたかめていきたいなあ!と思う今日このごろ。
バーコード :
ブログ内検索 :
カウンター :
忍者ブログ [PR]
"さかいひろこ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.